漢方専門薬店翔貴(しょうき) 神戸市 元町 三宮の漢方専門薬店
不妊(周期調節法)
痛み等の漢方相談
電話
兵庫県神戸市中央区元町通3丁目1-1
漢方専門薬店翔貴(しょうき) ホーム 初めての漢方相談 症状別の漢方相談 糸練功(しれんこう)とは? アクセス
ホーム > 症状別の漢方相談
症状別の漢方相談
漢方薬を飲んでみよう、試してみようと思われている方に、まず知っていただきたいことがあります。

昨今、漢方薬がファッション誌や健康雑誌でとりあげられ、健康のためだけでなく美容やダイエットにも用いられるようになってきました。

そしてドラッグストアなどでも漢方薬の品数が増え、手軽に試せるようになりました。

まず、ここで漢方を試してみようと思われている方に、漢方薬について憶えていただきたいことがあります。

漢方薬は西洋薬と違い、その人それぞれに合った漢方薬を使わないといけないということ。

例えば、風邪でよく使われている「葛根湯」で説明しますと「かぜのひき始めに・・・。」「ぞくぞくっとしたら・・・。」などとうたわれている風邪薬です。

「葛根湯」は総合的感冒薬として使えるの?

答えはNOです。

「葛根湯」は体を温めて、発汗させることで病邪を追い出すという性質です。

もし「葛根湯」を虚弱な人や、風邪をひいて数日経ち進行してしまった人に使い続けるとどうでしょう?

弱っている人に汗をかかせるということは余計な体力を使い、風邪をこじらせかねません。

「葛根湯」に限らず、すべての漢方薬にはそれぞれ固有の使う場面や状況があり、それに応じた使い方をしなければなりません。

それを間違えると、飲んでいても効かない・・・

同じ病名で似たような症状が出ていても、漢方薬の場合はその人の体調や体質、その時の状況によってお薬が違ってきます。(同病異治)

反対も言えて全く違う病名でも使う漢方薬は同じになることもあります。(異病同治)

現在、インターネットの普及などで「○○××病」に「○○湯」という漢方薬が効いたなどと掲載してあります。

しかし漢方の場合その処方で治った人もいるでしょうが、全ての人がその「○○湯」で治りません。

その人その人で体質も違い環境も状況も違うからです。

漢方薬を試してみようと思われる方は、一度お近くの漢方薬店に足を運んでみて下さい。

そしてお悩みを相談してみてください。

ちゃんと勉強している薬店でしたら体質や体調にあった性質の漢方薬を処方しますので、今のあなたの状態やなぜこの薬が必要なのか、分かり易い言葉で説明してくれるはずです。

ご自身で判断され漢方薬を飲まれる前にご相談してみてください。

漢方薬には副作用がないと思われている方が多いようですが「効あるものは毒がある」です。

効くということは使い方によっては必ず副作用の面があります。

そのことだけは気をつけていただきたいと思います。

ホーム 初めての漢方相談 症状別の漢方相談
糸練功(しれんこう)とは? よくある質問 アクセス
食養生(四方固め) プライバシーポリシー サイトマップ
リンク

漢方専門薬店 翔貴(しょうき)
住所:〒650-0022 神戸市中央区元町通3丁目1-1 メディカルビル翔貴1F
電話:078-332-6965
営業時間:10:00〜19:00
定休日:毎週水曜日(その他不定休あり)